MA-1みたいなヤツ

昨日来た質問:要約すると「お金があれば免許とれますか?」 答:航空身体検査と無線の資格をとり、学科試験に受かり、勉強して技術を身につければ、とれます。 ただし、お金はもちろんだけど、学科と実技が大変。天才でノープロブレムな方はごく少数いるようだが、私は凡人なので、苦労してます。それでも、おもしろいしキツイし怖いけど、飛ぶのは楽しいからやってます。繰り返しますが お金よりも学科と実技が大変であります。 さて本題 ミリタリージャケットで有名なMA-1 トップガンでも有名 しかし飛んでいて思ったけど、MA-1は機能的にできている。 操縦中に撮影はできないので、イメージだが、 フライト中に、かがんでわりと遠くのスイッチを操作したり、飛行機だと左席でも右席前のものを手を伸ばして操作したりする 例えば今のヘリだと前屈みでQNH(気圧高度計)の数値を変えたりするのだが、裾がながいものだと、 尻の下にジャケットの裾が入ってしまっているため、前にかがみにくい 尻を浮かすと手がどうしても動くので不安定なこのヘリは挙動が乱れる ただし、MA-1は裾が短いので、この時期重宝するわけ まあウチにはMA-1はないので、それっぽいものを着用 たまたま以前カリフォルニアで購入したアメリカンPOLICEジャケット 後ろの裾が短いというか、長くはない さらに手首も絞ってあるので、計器に引っかからないのもGOOD こういう引っかかりやすそうな操作系も問題なし、 やはりMA-1とか、考えられて作ってあるんだね~ この時期飛んでみてよく分かったぜ! おまけ:ホテルから歩いて行った路面電車の駅 東京都電の7000型に似てるぜ(私は都電沿線で育った) ちなみに、タイガーエア塗装なのだが、敷地外からの撮影なので、よく分からん・・・ おお~、(後ろの黒)東京都電にもこの顔いたよな 下は新しい車両

ナブログ作成

飛行機やヘリの免許をとる方法って、知っているようでふつうは知らないので、 ダイレクトメッセージなどで、想定よりも質問が多いことに驚いてしまう。 まあそこらに教習所ないし、自費で免許とった人もふつうはレアというか、あんましいないだろうしね。 さて、本題。 「広島ヘリポートと、広島空港行くから、ナブログ作ってきてね」 と教官 ナブログとはナビゲーション・ログ、日本語だと航法計算書? いや~、真剣に作成するのは20年ぶりだわ ふつうの人は一から教えてくれると思うけど、こちらは 「飛行機のパイロットでしょ、できて当然」となる、 すっかり忘れたぜ、まずいぜ・・・ プロッター(専用の距離と方位を出す定規)で経路を出して、途中の山の高さや空域をチェック チェックポイントや変針する箇所を書いて、 距離を出して、巡行速度を出せば、ポイントごとの所要時間が出る。 厳密には風を入れたり、いろいろやるが、飛行機の免許でやったので省略 しかしややこしいのが、パイロットの常識だが、地図の北は北ではない! 地軸のずれがあるので磁石の北と真北は違うので、 Variationと言って西行きは7度+、東行きは7度引く、(日本の地軸の場合) 詳細は http://www.cfijapan.com/study/html/to099/html-to099/091a-Course_Heading.htm さらにはデビエーションと言って、機体ごとのコンパスのずれも計算で入れるがこれは1度くらいしか ずれていないのでまあ良い。 ヘリは 飛行機と違って基本手は離せないので、事前準備は飛行機よりも気を使う。 入るのに許可がいる空域の周波数は?高度は? 天気が悪い場合の代替え空港は? 広島空港へのアプローチはどうやって行うか?レポーティングポイントは? VOR(電波標識)の周波数で何度の位置、10マイルでレポートするか?高度は? 言い方は? これらを準備しておかなければならない。 三次元だから、降下するのはこの位置から、 […]

キャブレターだから

私の年齢だと、キャブレターの車は乗ったことも所有したこともないが 当ブログをご覧の諸兄の皆様は「キャブ車」をご存知の方も多いだろう。 私が乗る飛行機もヘリも、ライカミング製O-360エンジンで、キャブレター(インジェクションモデルもある) 製造開始は1955年、セスナ172もアエロスバルFA200も、ロビンソンR-22も、全てO-360エンジン 超ロングセラー、名エンジン! って2022年に70年前開発のエンジンだが、それだけ信頼と実績があるということ 現行型です。 こんなエンジンむき出しで良いのだろうか?と思うが、外部点検がやりやすいのでGOOD 型式O-360=360キュービックインチ=排気量5900cc 水平対向4気筒、空冷(エンジンのスペックや仕組みは試験に出る) 空冷ポルシェに乗っていたときは、空冷エンジンの仕組みを飛行機で勉強したおかげで、メカに弱い私でも多少は理解できた。 そんで、この時期は気温が低いので、秋以降は高層天気図でフリージングレベルを確認 気温減率は1000ftで2度だから、それをもとにフライト高度の気温を出し、キャブレターが凍らないように注意 しょっちゅう、キャブレター・エア・テンパーチャーを見てキャブレター内が凍らないようにしないといけない。 キャブレターヒートを引く(写真下の下のスイッチ) 飛行機の場合は着陸のみ引くが、ヘリはタイミングによって適宜引く (飛行機も寒いとフライト中も引く) これでキャブレターが凍結しないで済む これをミスるとエンジン停止になる。=飛行機よりヘリは断然危険 再始動はできないどころか、両手は離せないので、オートローテーションというテクニックで降りるしかない しかし1955年製造開始のエンジンが2022年でも名エンジンって、 ある意味すごいよな、機体もそうだけど、日本製のアエロスバルも、このエンジン やはり航空は Made in USA がスタンダードなんだな~ しかし、訓練ブログは反響も大きく、メッセージを多くいただく。 やはり飛びたいと思っている人、想定よりも多いんだな~ まあ免許とるのは大変だから、遊びでやればいいですよ 空を飛ぶって楽しいよ~、やるなら早い方がいいよ~ 子供の頃にPilotになりたいとか、空を飛びたいとか思ったでしょ? […]

2022初フライト

今年の初フライトは、自分の訓練フライト お正月あけに車で岡南飛行場(岡山)に行き、訓練開始。 よくブログを見てくれる方などに「もうヘリの免許は取れたんですか?」 と聞かれるが、まだ道半ば、そう簡単に免許くれないどころか受験資格 (飛行時間、訓練内容、野外飛行時間と経験、単独飛行時間など)をまだ満たせていない。   Flyteamの写真を見ていただければ分かるが、一人で飛んでおります。 右が機長席です。撮ってくれた方、ありがとう! https://flyteam.jp/photo/3413047 一人で飛ぶんだぜ、何かあっても頼れるのは自分だけ、すげえ怖いです・・・ 俺が飛ぶと危険だぜ、みんなどいてね。笑 とりあえず次はナビゲーション(航法訓練)に単独で出る前に、20回の単独着陸経験がないとまずいので、 毎日ソロフライト バランスの関係で、副操縦士席に水を搭載するのである。 そんで休みの日は、近所に撮影に行くか、天気が悪いと広島からLCCで成田に簡単に しかも安価に戻れる。ホテル代をかけるなら、オフィスに戻り仕事した方がいいわ 今年初めての乗客フライトはSpringの新塗装機 何が新塗装かは、別のタイミングで説明します。

R-3のDegic X

EOS R-3は「電子シャッター」が標準 切り替えで、メカシャッター、電子先幕 とかにもできる。 いろいろテストしたけど、電子シャッターだと音はしないけど、電子シャッターが良さそう R-5は電子先幕がデフォルト、 電子先幕?なんじゃそりゃ、 なのでちょっと調べて勉強してテスト   カメラマニアの人はいろいろこだわりがあるようだが、プロサポートの友人に内容を説明してもらい 私の感覚では電子シャッターでいい感じ、すげえ詳細を聞かれても分からん、   オーダー写真を撮るのが仕事であって、メカを説明するのが仕事ではない。 一応、いろいろ試して メカシャッターでAF1モードとか、電子シャッターでAF2モードとか、いろんなパターンをやるので すぐには良い設定が見つからない ローリングシャッター現象とか、フリッカーが・・・とかいう意見もあるけど ローリングシャッターは、今のところ気にならない、というかデータでは EOS1DXシリーズより良いそうな AFも設定が決まれば、いい感じでいける。 高感度も新しいDEGIC Xなので、EOS1DX MarikIVレベルかそれよりちょい上かも ただし暗い時のファインダーの明るさは各自慣れないといけない。 横の露出のバーの方が信頼できるかも 詳細はどこかセミナーやEOS学園で と言いたいけど2月のセミナー オミクロン株の影響でいくつか消えかかっております・・・涙

人生初の買い替え

へリオーナーになって二年 全長40cmくらいの モデルプレーンも作成してもらい満足していたのだが、 コロナ禍でもわりと飛んでくれて、オーバーホールの時間が近づいてきたので売却 ありがとう、ウチの 「JA005R」 それと入れ替えに、別の機体を買い替え 国土交通省 本省に書類を提出 霞ヶ関だぜ! 郵送でも良いけど、一生に何度もないだろうから持参していかねば! スカイマーク立ち上げ時代には毎日ここの航空事業課に通ったので、 少し懐かしい感じ この担当官が、全国のJAナンバーの登録をやっている。 スポッターにとってはやってみたい仕事だぜ(笑) すごいのが、「印鑑証明」はいるけど、押印の必要はなし。 つまり役所に出す「飛行機登録書類」なのに、ハンコいらず。 さすが本省、なかなか進んでますな! 将来的にはオンライン申請もできるそうな、ただし詐欺というか、偽造というか 勝手に売買されても困るしね、 基本書類はエアバスA380だろうが、小さい機体だろうが一緒だかんね。 JA005Rを手放し 今度は「JA618K」 になりました。 免許税は印紙30000円也 東京でも遊覧飛行でよく飛んでいるので、これからは「JA618K」をよろしく! シルバーボディにイエローラインね。 当然「撮影窓」ありの機体です。

羽田空港公式フォトコンテスト2022

羽田空港公式フォトコンテスト2022 1月27日必着なので、そろそろご準備よろしくお願いします。   詳しくは下記 https://tokyo-haneda.com/photo_contest/index.html アーカイブ賞もぜひ! スマホ賞もあるけど、当ブログをご覧の方は、ふつうの部門でしょう アーカイブ賞にはならないけど、イメージ 以前亜tプしかた失念 A300とMD レインボー3機並び、手前のMDはオレンジがなく3色、A300は4色の帯 マンダラ航空向けのYS11、確かデリバリーされずに終わった機体だった気が・・・ Anyway ご応募お待ちしております!

EOS R-3を使いこんで

最近、撮影ポイントなどで会う方に 「カメラ選びで辛口な古庄さんが、いよいよR-3にしたんですか、どうですか?」と言われる 辛口に言うのはメーカーを信頼しているし、頑張って使える製品を開発してほしいから、なので興味ないメーカーのことは別に関心はない。 さらには 最近は皆さん、口コミもあるので、「良い」と言うだけでは信用しない。 まあ私も、メーカーで信用できる人は個人的意見でも 「ダメや心配なところを正直に言ってくれる人を信用している、 逆に良いしか言わない人は信用できない」 そんで、1ヶ月以上使いこみ、いろいろ設定を試して思ったのは、私の基準(ミッションを考えると)これまでのRシリーズは 私には不向きであったが、今度のR-3は使える もちろん100点ではないし100点のカメラは存在しない、さらにはプロ仕様なので、万人向けではない 使い込んで自分なりの設定を追い込めばかなり使える。 まあ最近の上級機種は、自分なりの設定をしないと意味がない。 私はR-3、ダメなところも含めて、いけると感じているが、 これまで私の基準では不満だった、EOS R5/6もファームウェアのアップデートでかなり、よくなるらしい またEOS-R3はEOS1DXシリーズから、そのまま入れるシステムが良い 初代 「R」は、今になってプロはみんな言うがインターフェイスが違いすぎて、ハイレベルな方からは 他社のカメラみたいじゃん、ユーザーをバカにしてんのか?という声もきかれた。 R-3は EVF(電子ビューファインダー)の動きが、素晴らしい。ずれがほぼない。色味や明るさは別 あとは暗い時のファインダー見え方と仕上がりは、慣れと経験が必要なのは他のミラーレスも同じ。 まあ、問題点は逐一報告しているが、それを踏まえてファームウェアアップデートと、EOS R-1につがなるでしょう。 高感度性能も納得。 と言うわけで、 「納得して使用できるミラーレスがようやく出た」 という感じです。

Section研究家

この間 SHOPでお会いした飛行機趣味の方、 「B747をセクションごとに分析しています」 Boeing747はセクション41とか、部分ごとに分かれていて(他もそうだろうけど)、その方は精巧なモデルを購入して 標本用の針をモデルに刺して、その部分の形を調べ、関係書類を調査し、なぜその形なのか?ボディの薄さは?を 探求するのが楽しいそうで、(仕事ではなく趣味)   「Boeing747は、コクピット窓の横二枚は平なんです、そこがポイントなんです」と語る ここね(横の窓)、確かにまっ平、ここだけ丸みを帯びていない。 それはなぜか?その方の調査によると 「当時のエンジンの性能に関係があるんです、JT9Dエンジンの着氷が見えるように、この形です」 パシフィック・ミニチュアのモデルプレーンは高価ですが、ここまで再現されているそうで、そう考えると 高くないとの事。 これが再現されているモデルプレーンは少ないそうで、   さらには、ボディの梁、ストリンガーとか、薄さを調べるのもおもしろいそうで、 言われてみると、下の写真コクピット窓の左右はフラットである。 そして、Boeing787の主翼の取り付け角と、翼端のヒネリの角度は・・・とか研究しているそうで いろんな飛行機趣味ってあるんですね~   なお、本業はNISSANでクレイモデルを作成する仕事だそうで、愛車はR32GTR なんかさ、飛行機好きの人、私の中の統計だとNISSANの割合が多い気がするのは気のせいだろうか? ウチのIT担当も元R33GTR乗り、教室に来ていただく方もV35GTR乗り、GTRの割合も高い気がするし、 買えればGTRという方も複数おられる。   つまりのところ、乗り物好きなのね・・・(笑)

看板の使い方

SHOPでアメリカのエアポートサインなどを売っているが、 購入してくれた方が邸宅に貼ったのがコレ(趣味の部屋) けっこうきてます! AVIATION BLVD アビエーションブルバード(ブルバードは大通り)実際にLAXのそばに、AVIATION BLVDはある。 色も書体もほぼ同じ、いいわ~ さらには、アメリカのエアポートサイン 本物なので光る! 「空港敷地のため立入禁止」 この本物感がGOOD! ちなみに、お車は エドワーズ空軍基地(カリフォルニアでわたしもよく横を飛んだことある) こういうアメリキャーンなの、いいね~ 飛行機趣味って、ホントいいですね~