決算だから

弊社、決算真っ最中なので、余裕がないので、ポジスキャンしたものを

正直経理は弱いので、信頼している税理士事務所に任せているが、それでも何に使ったとか、内容が分かるのはこちらなので

やることはある。

SHIP NAME VEGA

やはりシップネームあった方がいいよね

Sirius コクピット後ろに書かれていた。エンジンには STARJETの文字が

Deneb

1996年就航のドメ(国内線機)10機にペイント

ってことは、20年以上前じゃん・・・

古い写真だな~

他にもあるけど、今日はこの辺で

「Procyon」ポジフィルムだから、この時間の露出はめちゃくちゃ難しい。

色も現像が上がるまで分からないというドキドキ・ワクワクなポジフィルムでした。

 

都内フライト

ミッションで都内フライト

墨田区上空で荒川を望む、うねうねしているのは「旧中川」

世界のいろいろな国や地域に行ったが、ここは入ったことがない

小菅の「東京拘置所」

なかなか行けないぜ!笑

荒川河口 葛西臨海公園

北千住、奥は隅田川

首都高 堀切ジャンクション、

最近自分でも飛んでいるので、計器にすぐ目が行き、いろいろチェックできるのが楽しい

さて、ウチのSHOPではカレンダー2022発売開始!

ぜひお立ち寄りください。

 

エアライン街が消えてゆく

その昔、有楽町は外資系エアラインのオフィス街であった。

1Fにリコンファームや発券カウンターがあるのが一流エアラインの証。

その後、リコンファーム制度がなくなり、有楽町から移転するエアラインも増え、赤坂見附や恵比寿などに日本支社をもつエアラインもあった。

なお、私がいたコンチネンタル航空は恵比寿の明治通り沿い1Fにオフィスがあり、ドラマでもよく背景に映っていた。


それでも、有楽町はエアライン街であったが、コロナで経費節減。リモートワークも増え、オフィス閉鎖や

「退職します、お世話になりました」メールや

「シェアオフィスになるので、事務所移転」という連絡もあり、有楽町からエアラインが消えてゆく

写真はタイ航空がある角、日比谷公園横の交差点、

学生時代にこのあたりをチャリンコで走り、パンフレットをもらったりしながらプチ海外気分を味わい、「将来は外資系エアラインで働きたい」と思ったものだが、そんな事務所も消えてゆくのが悲しい・・・

 

 

さて、ポジスキャンはDHC デハビランドカナダ

DHC3オッター(下)

シドニー(下)アエロペリカン

下:HNL アロハ航空 懐かしいでしょ。

下:UNICEFのDHC6

 

ちょこっと操縦したことあるけど、素直ないい飛行機らしい。

ちょこっとしか操縦していないので、多くは語れません・・・

でも質実剛健のSHIPです。

 

撮影車整備上がり

エラーメッセージが出ていた、撮影車の整備が上がったので調布のシーザートレーディングへ

普段はロールスロイスかベントレーが正面ポジションにいて

普通の人は、めちゃくちゃ入りづらい店だが、ウチの撮影車だとまだ入りやすい。

先日もレポートに来たテリー伊藤氏がラインナップしている車両を見て

「前のオーナーは皆さん、懲役ですか?」笑

とギャグをかましていたくらいの車種が

上左:売約済み、右:進入庫(売り物)

下のポルシェ914も黄色のベントレーも「売約済」

もう売れ売れです。

クラシックカーは価値が下がらないので、海外旅行に行けない今、

富裕層がこういうのを買うらしく、この店、毎週この手の車両が売れています。

おまけ:水上飛行機仕様のDHC6 ツインオッター

下:DHC3 ふつうのオッタ― (カワウソ)

Otter(カワウソ)という愛称だから、水上機が正しいのかもしれない

 

ブライトリングのメンテ

飛ぶときにつける

「ブライトリング・エマージェンシー」万が一の際に緊急周波数を出せ、

サーチ&レスキューが来てくれる時計が、電池切れ

さすがに自動巻きや手巻きではなく、電波発信なので電池式

電池交換の費用もバカにならないが、最近飛ぶことも多いし

例えばさ、ヘリで山の中に不時着してELT(緊急位置通報)が発報されない場合は、この時計が役に立つ

そのため、電池交換で銀座のブライトリングへ

そこらの時計屋さんで電池交換してミスるとサーチ&レスキューがかかるのでヤバイ。

ここは昭和のビルだが、ブライトリングのエントランスはカッコイイ

こういうモノクロ写真あり

ブライトリングファンなら行ったことがある方も多いはず。

おまけ:ポジスキャンのDHC6

サメだぜ、A380のカメとは違うぜ(笑)

久しぶりのリアルイベント

週末は富士山静岡空港のフォトコンテスト表彰式

感染者数も減ったので、久しぶりのリアルなイベント

&写真教室

表彰式の写真は肖像権の問題もあるので、こちらでは遠慮しておきます。

やはりオンラインよりリアルなイベントの方がいいよね~

松本空港をはじめ、遠方からお越しいただきありがとうございました。

富士山静岡空港のオンシーズンは富士山が冠雪してクリアになるこれから。

また行きます!

RRの並び2

昨日の続き、大阪撮影の話

当ブログを昨年から見てくれている方は知っている。

千葉で捨てられていて、JALのグランドスタッフの方が発見、

一時は保健所収容になったものの、シェルティレスキューが引き出し、ウチで3か月面倒をみて

里親に行った「クリッパー」と再会

いや~、キレイないいワンコだわ~

現在の飼い主さんに愛情たっぷり注がれて幸せそう。

翌日は、ウチのヘリの運航会社である匠航空本社(京都)へ

お、ここにもRRエンジン搭載タービンヘリが!

なので並べてみた

ロールスロイスエンジンはボーイング787、757、ロッキードL1011,YS11、

エアバスA350、380、プライベートジェットからタービンヘリまで

この車に乗っているとときどき話しかけられるし、ウンチク満載の車って、乗っていてなかなかおもしろい

こういう撮影でも絵になるしさ

え、燃費ですか?ロールスロイスに燃費を求めちゃだめだよ、だって排気量6750ccだしさ

後ろに乗る車じゃないかって?色を選べばそんな事ないぜ。

ロールスロイスの並び

コロナ前は外資系エアラインのパーティーや撮影で、大使館に行く際に使用。

それ以外にも航空会社の都内高級ホテルでの撮影に乗っていったロールスロイス

「1995年型 ロールスロイス・シルバースパーIII」

送迎しても喜んでもらえるのだが、コロナになり出番が減ってしまった。

なので、この機会にやりたい事をやろうと思い、仕事のついでに伊丹空港へ

RRエンジンと、ロールスロイスの共演

まあ厳密にいうと、ロゴは同じでも、航空機エンジンメーカーのRRと車のRRは元は同じだが、

分社化された、そんでウチのロールスロイス時代は純潔英国製だが、今ではBMWの傘下で、最終組み立てだけ英国だが、

ドイツでエンジンや主要パーツを作るので、ドイツ車みないなもん

なので英国車時代の方がうんちくがあるので好みなのである

RRは壊れないぜ。維持費たいしてかかんないよ(ただし、ちゃんとした所で買えば)

そんで、羽田空港でお世話になっているラクジュアリーフライトさんが、伊丹空港店をOPENしたので、ご挨拶に

こういうお店、いいですね~、2階の中央よりちょいJAL側にあります。

夜は、伊丹スカイパークで

大事にYS11のプロペラが展示されているが、ウチのSHOPで販売中でもある。

SHOPではフツーに売っているが、実はショーケースに入れられるほど、こんなありがたい、品物なのである。

伊丹の夜景、定番だけど、いい感じでした。

ぶっ飛んでいる講座

EOS学園でこんな講座を行った。講座終了時には

「久しぶりに、ぶっ飛んだセミナーでした、ありがとうございました」って

どんなセミナーよ。(笑)

上、番号出ているのでOK

下、番号が写っておらずNG

ただ番号を集めるだけではない、奥深さ

少し前に「ポケモンGO」って言うんですか?

なんだか街中でポケモン集めるヤツ。

こちとら30年前からヒコーキの番号集めているぜ

前にもだしたけど、現地人に溶け込んでいるシーン(これで変装バッチリだぜ)

飛行機番号集め、

こんなころから、飽きずにやってます。

良い趣味よ~、カメラ片手に空港行くだけで、お金かかんないよ~

後ろはDC8@Miami、 30年くらい前 無謀にも徒歩でマイアミ空港周辺を徘徊

そしてらドイツ人スポッターが、車に乗せてくれたのさ

東京航空局へ

たまには用事で国土交通省航空局へ

霞ヶ関の本省は行ったことがあるが、自分の免許手続き(別になにかヘマしたわけではない、笑)

なので、九段下の東京航空局が管轄

ここは初

泣く子も黙るCAB。えーと、部署はどこかな~

なお、古い写真が見たいというリクエストのため、ポジスキャンのFokker機たち

モンテネグロのFokker

ブラジルのTAM、リオデジャネイロにて

インスブルックにてチロリアン

そういえばチロリアンってお菓子あったよね・・・