貴賓室撮影

詳しい事はよくわからないのだが、0900(まるきゅうまるまる)基地正門集合!

という事で

自衛隊には明るくないので、航空支援集団のなんとか 尉だか佐だか、位はよく分からないし肩章を見てもよく分からないが、きっちりとした方に連れられてSHIPへ、

いや基、

いやここは基地だから敵国語は使用してはいけない。 

航空機へ、型式はボーイング式747型機であります!

自分は 機内へ乗り込み観音写真機製造の超一流高額写真機械にて光学素子記録撮影を開始!

写真機の型式は敵国語なので言えないが  二代目1DXと初代5DS という二台


貴殿に与えられた時間はヒトゴ分、(時間はホント)

指示された区画を速やかに撮影、完了されたし、その後撤収作業にかかる!

みたいな感じで撮影、俺バカ学校だったから漢字あんましよく分からないし、アビエーションの世界は

「ハンガー前にシップが停まってますのでタラップをつけてます。指定のキャビンを撮ってください」と

英語まじりで言われた方がなじみがあるんだけどな~、

でも基地正面で「なんとか航空団」とか「なんとか航空群」「支援隊」「管制隊」「気象隊」とか漢字の多さにひるんでアレルギー出てしまったぜ、まあウチの親戚も「会計隊」に所属していて、会計って隊なの???と思ったしな

というわけで、よく分からない赤いラインの飛行機の撮影で千歳基地を日帰り、また記事になるので、その際には本ブログ、いや当電子日記にて知らせる。

以上であります。

航空自衛隊のご担当者様、ありがとうございました。

機体がいつ見ても光り輝いておりますのも、皆様の努力の結晶であります!

現場で見て感じる世界のエアライン

海外撮影の魅力の一つは世界のエアラインの動きを肌で感じられるのも一つある。

まあ多少の知識というか興味がないとぜーんぜん面白くない話だが

今年長期欧州撮影二度目でたまたまこんなのが撮れた

尾翼はCSA(チェコの名門エアライン)で知っている人は昔から知っている。

だけどタイトルはEurowings、まあハイブリッドカラーなので美味しいが、今年そういえばCSA見てないな、撮ってないな~と思い調べると

以前はチェコを代表するエアラインで近年は大韓航空が筆頭株主でソウルにもA330で来ていたが、大韓航空さんが株を売却、今やチェコの新興エアラインの傘下に

親会社はこちら トラベルサービス(スマートウイングス)

下剋上だぜ、新興LCCにメジャーが食われた

CSAは気がついたらジェット機はA330とB737の2機しかいないという事になっていた
今や情報過多で、そんな話もWEBなどで見ているはずだが、やはり現地で見て撮って感じて楽しむ。これも海外撮影の楽しみの一つである。

767データアップデート

先日767残り少ない という記事を書いたら友人より、こんなデータが届いた。

制作者いわく、機材数は日々というか減ることはあるのでアバウトな数値としてという事だが大変参考になるし、なかなか興味深く拝見させていただいた

以外とまだ数は飛んでいるけど、使用するエアラインが減ったんだな

それと運航機数1位はデルタだが、アトランタに行こうが、ミネアポリスやデトロイトのハブに行こうが767集結!という絵は見ない、なぜならアメリカは空港大きいし737、A320クラスがメインだし、なのでそう感じないわけだし大西洋線で機材がばらけているため集中しないからだろう

767-400の翼端見てよ、777-300ERみたいでしょ

それと個人的にツボはドアの開き方

昔は他の機種もあったけど、これが767らしさの一つでもある。

Anyway、デルタはA350やA330NEO、ユナイテッドは787など続々デリバリーされるから757が一気に減ったように近々急激に減るのはまちがえなし

767旅客機、早めにおさえておかないとさ

そこまで黒くないぜ

撮影の事前打ち合わせで、衣装写真提出、当日複数の衣装を持参

衣装ったって、衣装持ちではないし、ジーンズとTシャツとドレスシャツさえあれば務まる仕事なのでろくな服は持っていない

そう、今回は撮る方でなく撮られる方で都内のスタジオに集合

クライアント様、広告代理店、ディレクター、ライター、カメラマン、カメラアシスタント、広告発注メーカーさんら十数名

これは航空会社の冊子の商品広告に出てほしいというオーダーでスタイリストさんが、ディレクターと調整して私の数少ない衣装をチョイス

ヘアメイクさんにファンデーションを少々塗られ、髪の毛セットなどいろいろ

アイロンしてくれているメイクさんが

「日焼けされていると伺ったので黒人用ファンデーションを持ってきたんですが、それほどでもないですね」

ってそりゃそうだろ(笑)

インタビュー室もスタジオらしいな~

そのうち冊子が出たらまたお知らせさせていただきますが、渋いダンディ路線で行っているので、寡黙な私として何卒ヨロシク!

しかしスタジオカメラマンって、同じカメラマンとは言うけど、全然違う仕事だぜ。スタジオアシスタントをバンバン使って手際よく撮影。

関係者15人くらいに見られながらスタジオ撮影してきました。

撮れそうで撮れないTAP A340

欧州系の大型機って日本にいれば来るので撮れるが、来ないメジャーエアラインはベースに行かないと撮りづらい、あとはアメリカなど

これもそう、TAPのA340

欧州とアフリカってつながりが深いから、飛んでいる都市が、アフリカの都市名で聞いても町の名前も国もアフリカのどこにあるかよくわからないところばかり

近年飛んでる就航地の一部だがFortaleza=ブラジル北部

Luanda=アフリカのルアンダね、多分一生行かないでしょ?

Maputo=国はどこでしょうか?行ったことある人いますか?

Natal=都市名すら聞いたことがない、どこそれ?

Recife=確かブラジルだった気が・・・

メジャー都市はサンパウロ、リオ、トロント、ボストン、まあボストンとトロントを除き撮りづらいでしょ

TAPのA340は25年選手が4機、A330NEOやA350でリプレースされるだろうから捕獲しておかないとさ

オマケ、目つきの悪いエアバス機 と思ったら

A330NEO 商業運航1号機だってさ

ライトな方向け出版イベント

航空業界人材不足なので、業界の役に立つ、もしくは子供たちに将来航空関係に興味を持ってもらうために、こんな本を書いてみました。

ライトな方向け、ヒコーキトリビア トークイベントを成田の航空科学博物館とセントレアで行います。詳しくはこちら

https://book.impress.co.jp/items/event190706

飛行機撮影で知る宗主国と植民地

欧州の空港で毎回チェックするのはアフリカ系エアライン、まあ南アフリカ航空はメジャーだが、歴史は詳しくないが旧宗主国とか植民地の関係で、欧州内のその国に行かないと撮れない、撮りづらいアフリカ系エアラインも多い

ここリスボンで待つのはTAAGアンゴラ航空、だが雨だし、撮影ポイントの治安というか環境がさびれた場所でビミョー・・・

まあ欧州は銃は出ないけど、最悪ナイフくらい出るじゃん

ここは「イザとなったらジャパニーズは忍者の末裔だから強いんだぜ!くらいのオーラを出しておかないといけないぜ!」

あーあ、貴重なアンゴラ航空777‐300ER、雨だし・・・

あとはブラジルもポルトガル語、よく分からんが歴史をひも解くと1500年代からブラジルに行って植民地かしていたようで、なので

AZULのA330なんて、なかなか撮れないぜ。ブラジルも撮影環境かなりビミョーだしさ、この日は特別塗装機でノーマルが撮りたくて翌日も行くが同じSHIPが戻ってきてしまった。

しかし飛行機撮っていると地理や、ポルトガルとブラジルのつながりなど歴史の勉強になるな~

上のアンゴラも元ポルトガルの植民地でした だから来てるわけだな

古いものを大切にすると・・・

帰国したら

そ、そういえば、自動車税のシーズンか・・・

ふむふむ 令和元年になってるじゃん、千葉県やるなぁ・・ってそこじゃなくて

一台で 127600円・・・一台ですよ一台!

排気量が大きくて、ちょびっと古いものを大切にしているだけで税金UP!

「古いものを大切に」はいいことじゃないのか?

なぜ古くなると税金上がるのか?

古い=世間的には価値が下がるんだから税金も下がるんじゃねえの?

先進国は 古い車は文化として税金安くなるんだぜ(ホント)

そんなに距離乗らないし、ガソリン代にも税金含まれているしさ

弊社FLEETSは 排気量6000cc前後ばかり、

あ~あ、また頑張って働かないと・・・

ちなみにこの6000cc V12エンジンの彼女は昨年8月から入院中、ぜーぜん乗っていないのに税金は払います。

世界で一番767が

羽田空港さくらラウンジにて、

気がつくと目の前には

JALの767が5機も!

今さ、世界中の空港に行っても767はレアもの、こんな一つの画面というか視野に5機なんてレアすぎる。

当然反対側ターミナル2にもANA機の767がいるので、ニューヨークやロンドンよりも羽田の方が2019年の今767が世界で最も見られる空港かもしれない。

あとはあるとしたらメンフィスでFEDEXの767F集結とかでしょう

こちらは10日前くらいにリスボンで撮影した767-400

昔成田発グアム行きレギュラー機材だったし、767-400ER製造が37だか38機しかいないレアもの

導入直後に乗ったけど機内も777仕様だったし個人的にはこの長さ、カッコイイんだよな~