ビジネスジェットコンサル

航空カメラマンだが、ビジネスジェットのノウハウ(以前ビジネスジェット会社にもいたし)があるし、アメリカのビジネスジェット会社の日本の窓口らしいこともしているので

仕事で、ビジネスジェットのコンサルティングと言えば聞こえがいいが、機体をどうやって使うか、節税は・・・など相談にのり、本気の場合アメリカで飛ばせる会社をしている日本人(昔の同期)につなげている

実際に二年前にも成田~関空の間でガルフストリームを駐機できる格納庫を探したり、(実際に話をつなげて1年間日本のある空港の格納庫を借りていた)など

日本サイドで動くこともあり、ビジネスジェットの世界はやはりおもしろい

(シップサイドに車で乗り付けることもある)

節税したいのでヒコーキ買いたいという相談はホントに時々あり、リセールにいい機体、チャーター免許を付けた方がいい、つけなくて自分で飛びたい、機体登録はどこにする、なども相談にのっている。

ちなみにガルフストリーム(この世界の最高峰)の新品を買うとざっくり70億円オーバーで二年後に飛行時間や状態にもよりが50億円くらいで売れるでしょう。

節税できて、その間、自分でも飛べる。Pilotも用意します。

もちろん、安価な機体も中古機もアメリカサイドで探しますので、本気の方はぜひ

5年くらい前に日本のある空港の格納庫で駐機料延滞していたガルフストリームがあり、差し押さえして売却?という案件があり、アメリカサイドで調べたが、手を出してはいけない機体という事が分かり手をひいたなど、ヤバイ案件もあり。この世界奥が深いのさ

新ポイントどころじゃない

成田のB滑走路側の東側に空港隣接で市場ができるため、昨年まで元成田市副市長と、成田市に人を呼ぶために新しいヒコーキウォッチングポイントを作ろう という事で活動していた

(プチアドバイザーみたいなもんで、大したことはしていない)

が、しかし先日お世話になっている市議会議員の先生とお話したら、入札が3度流れて(理由は知らない)2020年完成ができるのか(これは私の推測)という話になってきた。

そもそも市場ができないと、新しいウォッチングポイントもできないわけで・・・

また近況が分かればブログにアップします。場所はB滑走路隣接の元花植木センターがあった場所で100億円オーバーの案件だが人員不足により入札者が出ない(公になっている案件)そうで、世の中人員不足なんですね。

マッチした写真はないので、10年前のNRT さくらの山より

10年でメンバーと塗装が様変わり。写真は記録も大事ですね。

悟君より

またまたお手紙をいただきました。

年齢は書いていないので不明だが、好きな飛行機は747とコンコルドと3はつきと

707と727と717と777とロシア機・・・って、777はいいとして、マニアっくすぎる!

親御さんから

「お宅のオタクの本のせいで、ウチの息子がこんなになって・・・!!!」とクレームはおっしゃっていないが、お手紙の(上の写真の)下の方をよく見ると、ダグラス社の・・・って、今の20代のちょいヒコーキ好きや航空会社スタッフより詳しくじゃん

しかもいただいたイラストがうまい!なかなか特徴をつかんでいる

推定小学生だがANAの744が飛んでいた頃って、悟君いくつよ?見たことあるのかな?

私が子供のころあまり見られなかったJAL DC8にあこがれたみたいな感じだろうか

さらに注目ポイント

レジを胴体尾部と翼の下にもしっかり書いている。JA8965(翼の下もよくみると8965、マジックが太くなっただけ)

この年齢でレジまで書くとは・・・スポッターの素質あり!

さらにお手紙の末尾には

「古庄さんの本のおかげでぜんぜんまったくわからなかったき体の名前とか、今はとうさんやがっぺいとかでなくなった航空会社もわかりました」

って・・・エアラインの倒産や合併などって、すげー詳しくなってそうじゃん

親御さん、私の本のせいで申し訳ございません。編集長共々平身低頭であります。

このまま突き進むと、私のような「レジオタク菌」や「撮りインフルエンザ」、「乗りウィルス」の航空三大疾病にかかるリスク大です。

そのため人材不足の航空業界への将来をおすすめいたします。

というわけで、悟君、お手紙ありがとう。


眼を細めれば見える・・・

浜松のエージェントより

「この間、富士山に雪が降っていい感じになっとるでぇ、今年の1-2月は雪がなかったでぇ、今はいい感じだら~」という情報を得てFSZへ

せっかく行くなら、FSZの方と会議となりアポイントを

とりあえず富士山カットね

いいね、いいね、満足、まあとりあえず撮ったから、次はテイクオフシーンで富士山バックを次のANAで狙おう、しかしこのANAは会議の時に上がるから、そのあとの便だな

そんで会議を行い、終了して撮影ポイントに行くと

ん?富士山どこ?どこどこ???

画像処理をして、目を細めりゃ飛行機の下になんとな~く、見えるでしょ・・・

ま、これじゃ使い物にならんわな

あ~会議している場合じゃなかったぜ・・・

難攻不落のFSZ、

「FSZ、ふらりと行っても富士はなし」

行っても撮れない、行かなきゃ撮れない・・・またリベンジだぜ

将来有望な人材

SHOPへ来ていただいた親御さんからお手紙を頂戴した。

そこには

「小学校二年の息子が古庄さんが出した捕獲標本という本にはまり、勉強もせずに大変困っております」とは書いていなかったが、

「小学校二年生の息子が捕獲標本を毎日眺めております。今のお気に入りBEST3を見せたい・・・」ということで

川崎のK君のBEST3は

VIRGIN、エアアジアX、ベトナム航空

おお~なかなか渋いチョイスをしてるな~

しかも、色合いがうまい、ベトナム航空なんかいい線いってる

しかもフラップやエルロンまで装備

小学校二年生でここまで作るとは手先が器用だな~

お母さん、中毒になる本を出版してしまい申し訳ございません

しかし、航空業界はこれからも発展が見込め、優秀な人材が不足しておりますので小学校二年生でここまで細かく(上の写真のエアアジアX機のエンジンの模様まで)飛行機を自作なさるとは素晴らしいです。

そんなお子さんが興味を持つような本を現在、絶賛執筆中ですのでご期待ください。

それと、K君、見せてくれてありがとう!

必要にしてじゅうぶん

なぜ、便利なアップルウォッチがあるのにROLOXやOMEGAとか高い時計を買うのか?

時間だけならスマホでじゅうぶん、だが

知人の編集者はアップルウォッチを買ったが、ROLEXに戻したと言っていて、便利もいいけど、男心をくすぐるのは歴史であり、伝説である。

これがブランディング(じゃないか、と思う)

そう、上のRRマークのように

この誰でも写真が撮れる時代に、カメラマンはクライアント様に対して自分を売らないといけないビジネスなので、ブランディングは大事だし興味ある

この当時(1990年代まで)のロールスロイスはお客に媚びない、

車の場合、よくSPECが話題になる、何馬力とか何キロ出るとか

が、しかし

馬力「Enough」、トルク「Enough」、とか当時で3000万円オーバーするのに全てEnoughで済ませるって、すごすぎる。

Enough(イナフ)とは中学英語だが、十分な、必要なだけのという意味

調布のロールスロイス・スペシャリストによればEnough =

「必要にしてじゅうぶん」と訳しているそうで

ロールスロイスと言えば、細かい数値なんかどうでもいい、SPECはEnoughで売ります。という感じ

ブランドでそこまで言える、(当時は、今はBMW傘下だから後世に残す価値は少ない)そんなマーケティングは個人事業主として感心するし、勉強になる。

ANAのA380もRRエンジンだしさ、JALのA350もRRエンジンだぜ

737MAXの影響で

セントレアで撮影したThai Lion A330(許可を得て掲載)

セントレアには737MAXが投入されていたが、737MAXがご存知のように運航停止なので、A330が飛来

しかしThai LionだってA330が3機しかないんだぜ、だから737MAXの座席予約数でこれを投入するのはつらい、でも737MAXがないとノーマル737ではとどかない、お客と貨物を減らせば届くだろうけど・・・搭乗率が勝負なLCCなのに気の毒

そういえば調べてないけど、HIJのシルクエアとかFUKのThai Lionとかは737MAXが飛ばせないからどうしているのだろう

たくさん機体を持っているメジャーキャリアはともかく、3機しかないThai LionのA330のように、この路線を就航させるから機材を導入する、という中期計画を立てて飛行機リースしてきているので、余計な機体はない(固定資産税とか、駐機料とかかかるし)

なので、737MAX問題、経営目線で見ると、なかなか大変な問題と乗り入れるSHIPを見ていても肌で感じることができる。

電装系はやっかい

やはり20年以上前の車両なので、少し前から電装系トラブルが軽く出て

一度入院させたものの、時々自然治癒、症状が出ないと分かりづらいので、長期入院中の足車コルベット

機関は絶好調なので、ふつうに乗れるのだが、ここらでしっかり診てもらった方がいいし、

なのでオープンカーの季節なのに乗れません。コルベットがドックイン中なので

足車は1995年型の社用車(さらに古いけど絶好調)で動き回っております。

頑張りすぎない

ありがたい事にお仕事が来すぎて、お断りしている案件や自分の体調も考え、頑張りすぎないように方針転換。

そうしないと身体が最近持たない=クライアント様に迷惑をかけるので、セーブするようにしている。

誰か変わりを出せばいいじゃん、という声もありできればそうしたいが、忙しいカメラマンって、特定のお客様がつくと、「その人だから頼む」という事になり、代えが効かない。

先日も私のミスでダブルブッキングしてしまい、気づいた時点で謝罪しに行くと、ありがたいことに

「古庄さんだからお願いしているんですから、代理のカメラマンじゃ困るんです!」と怒られたがそう言っていただけるので、申し訳ないけどありがたい。だからクライアント様大事にしないと

なのでいい年だし、お休みをとらないと、

休めないときもダラダラ息抜きポジスキャン

アメリカで撮影したグラマン・アルバトロス

COAST GUARD塗りだけど、個人所有、今時沿岸警備隊もこんなSHIP古いから使わない

U.S. COAST GUARDタイトル入り、だけど企業所有

こんなのもアメリカありなんだね、だって日本で

「海上保安庁」ってボロイ個人所有機に書いたらダメでしょ?元保安庁の機体でもさ

まあ、戦闘機も売ってるくらいだから、なんでもありなんだな

こういう ゆる~いカルチャー、いいな~