OKADA AIR

ポジスキャンのDC10

今から20年前、アメリカ在住時のCREWで飛んでいってランプで撮影

N902WA_930624LAS

1993年@ラスベガス、オカダエア

当時一瞬、LAに住む日本人のパイロットの間で

岡田さんの航空会社?日本のエアライン??

とかいう噂もあったが、ナイジェリアのエアライン

 

一時は747も使っていたが、こんなエアラインもありました。

4発Propレアもの

昔撮影した4発プロップ機をデジタル化

N867TA_0105ANC

2001年にアラスカで撮影、今でもDC6はアラスカに行けば撮れる

このあたりはレアだが、さらに変なのは

N941NA_EFD

NASA所有 ヒューストンのエリントンフィールドで撮影

CL44スーパーグッピー

AIRBUS社のA300ベルーガの前の輸送機はこの同型機だった。

 

さらにHNLで撮影したATL98

N5459X_940527HNL

1994年撮影、DC4がベース 製造機数21機、美味しいでしょ~

マンガみたいな顔だけどね・・・

ワークショップ満員御礼

今日 行なわせていただいた SIGMA 60-600ワークショップ

満員で無事開催できありがとうございました。

9D9851F6-946E-4618-964C-18F0137B3EE9

撮影ポイント三ヶ所 今日は空が良かった〜

 

美味しかったのはアエロフロートがタイプチェンジで773ERが飛来

写真はイメージです、まだパソコンにデータ落とせてないので

B88F8C74-FC57-45C7-AC7B-0162FF1D5ADC

やはり 成田は毎日飛来機 何かあるので飽きないやめられない。

ドライなところがおすすめ

しょっちゅう古い写真をスキャンしている話で申し訳ないが

いろいろ気がづくのでおもしろいわけ

例えば、同じ機体を数年後にまた撮っていることもある

例えばフロリダのオパロカ空港

92年に撮影したDC8 なんと元JA8009

N245HG_970126OPF

そして5年後(下)1ミリも動いていないと思うが、汚れてしまった・・・

N245HG_920228OPF2

フロリダなので湿気もあるし、幾度もハリケーンを乗り越えたことだろう。

中はカビだらけか???

 

いらないんなら、輸送費はかかるけど くださいよ、NRTで事務所にするからさ・・・

 

そんでこちらはカリフォルニア

2012年に撮影したDC8 N995CF(元JA8037)とN797AL(元SAS機)

CFmay12_0824

6年後 今年撮影

CF1807_00853

微妙に位置は変わっていて、N995CFのペイントがおとされたが、汚れも遠目ではわからない。

どちらが5年前の写真かわかならいくらいでしょ

 

車でもアメリカからもってきたクラシックカーは、カリフォルニアにいたヤツなら安心と言われるけど

これを見れば、納得

やはり飛行機置くなら砂漠だよね

 

尾翼グラデーション

エアライナー塗装研究家 としては、しっかりじっくりペイントを見たくなる。

その点セントレアの展望デッキは尾翼に近い位置にあるので、よく眺められるが

ありきたりのキャセイの新塗装

CF1809_01238

ブラッシュウイング

ZOOM UP

CF1809_01238A

ん?グラデーション?

スマホサイズじゃわかんねえかな~

さらにZOOM

CF1809_01238B

ほらねグラデーションでしょ

キャセイ、芸が細かいぜ!

飛ばないと思っていたけど

当時から感じていたけど、砂漠のボロい飛行機(特にDC3とか)は

わりと朽ち果ててもう飛ばなそうな機体を数年後に別の空港で見ることなんかもあり、おどろく

例えば N6816D 1998年撮影、ボディも色あせ、フラップは穴だらけ、足回りもボロイ@チャンドラー空港

N6816D_980924E14

機材はDC4の軍用輸送版 C54(蒸気機関車みたいな型式だぜ)

 

それが、同じ機体番号で

N6816D_0107AvraValley

2001年 AVRA VALLEY空港 まあ近所の空港だが、飛んで来たんじゃん・・・

直したのね、これ直してなにに使うの

そして今はカンサスにいるらしい、

 

アリゾナあたりを数年おき(以前は毎年)に訪れていると、こういう出会いもある。

こんなボロの機体もあれば、ビカビカにしているDC4もあり

 

N96358_971231IGM

1944年製、97年にアリゾナ州キングマンで撮影。

そして現在はアラスカで現役で活躍中、そのうちきっとまた会えるね。

フィルム換算

デジカメは高いのか? 特にフラッグシップ機は?

なんて話が良く出るが、ポジスキャンをしていて金額を思い出してみると

 

当時ポジフィルムは800円くらいで、現像料(マウント付き)で1200円=フィルム1本で2000円の経費

貧乏時代はマウントではなくスリーブという状態にして、自分でマウントをはめて節約をしていた。

 

マウントつきで

(1枚あたりの経費は2000÷36=55円、失敗カットもあるのでざっくり 1枚60円だな)

 

 

当時は月にフィルム10本撮ったとして、フィルム1本分経費2000円だから=20000円

高校生のバイト代はフィルムと成田へ通う足代で消えたぜ

 

 

フィルム10本というと、すげえ撮っている気になるが、

たった360枚だかんね、

 

今のデジカメに比べりゃ ぜーんぜん大したことない、

私は今仕事で平均月6000枚撮影するから、36枚撮りだと 6000÷36= フィルム166本!

信じられない、フィルム換算するとそんなに撮ってんのか!

2000円X166本=33万2000円 って腰抜かすぜ・・・

 

やはり1枚1枚大事に切らないと、

アマチュア時代に月にフィルム10本(20000円)として一年で24万円+現像所までの足代、フィルム買いにいく足代、時代は20年前なので物価上昇係数とかかけたら

一年で30万円以上、そう考えりゃ

 

デジタル一眼すげえ安いぜ!お買い得!

EOS1DX MarkII 70万円ノープロブレム という気がしてくる。(どうです?カメラを買う口実にできんじゃない?)

 

まあ昔はフラッグシップ機は20万円くらいだったけどね・・・

 

そんで、当時は飛行機写真の教室なんてないし、露出一段間違えると終わるし、ISOは50とかだし

逆光だと色は出ないし、写真はお金かかると言われるけど、よくやってたぜ。

私がプロカメラマンでポジフィルムで仕事をした最後の世代だけど、フィルム代ばかにならなかった

 

そんで、そんな当時のフィルムをスキャンすると、(右がマウントと呼ばれるもの)

マウント入りは機械が勝手にコマとコマの間を切るので、ギリのときもある

左のDC10のノーズがギリでスキャンすると切れる

IMG_0221

なのでマウントをはがして

IMG_0222

プラスチックマウントに入れなおして位置を修正、

さらに画像処理を少しして

N120AA_980925GYR

第二エンジン外されたDC10 スキャン完了。

うーん 地道な作業だが、青春の一枚、いや一万枚? 正直何枚あるか不明・・・

今月決算+家の諸事情でデスクワーク多し、なので

 

空いた時間でポジスキャンさ

 

旅行会社限定SKYTEAMセミナー@OSA

この間、皇居横のパレスホテルで行われた SKYTEAM2018セミナー

今度は大阪で開催 ただし旅行会社さん限定のセミナーです。詳細はこちら

 

https://krs.bz/travelvision/m/skyteam2018osa

今回CAさんは来ないけど、場所はコンラッド大阪

 

前回は、ホテルの大型バンケットで扉がバーンとOPEN 音楽にあわせて各社CAさんたちが入ってくる

IMG_0449A

すげえ華やか、豪華~! 最後尾にくっついて入り

 

CAさんたちが振り返ると CANON EF400mmをかついで花道を登場

IMG_0450A

こんな演出 初めてだぜ! ちょちょちょっと慣れないもんで・・・やっぱタキシードだったかな~?

 

さあて、セミナーの準備しないとね。コンラッド大阪の宿も確保して・・・ん?気のせいかちょいと予算オーバーだな・・・

 

関西のエージェントさん(旅行会社さん)エントリーが必要なので、お越しになる方はぜひ

WEBからエントリーお願いします!

RRの魅力

セントレアのFlight of Dreams 通称「フラドリ」でRRエンジンを見たら、

たまにはロールスロイスを見たくなり、自車の修理状況確認ついでにいつものロールスロイス屋さんへ

CF1605_14573

写真はFlight of Dreamsに入る前のZA001、RRエンジンマークがしびれるぜ!

 

でも最近ANAをはじめ、世界のエアラインで787ロールスロイスエンジン問題があってからロールスロイスネタも書きづらいわけよ

まあ車と飛行機のRRエンジンは途中で別組織になってるからカンケーないけど、

ロゴ同じだしね

 

RRは英国にドライビングスクールもあり

IMG_0169

暴漢の撃退方法とか、VIPの乗せ方、降車の仕方とか、テロにあった時の離脱などいろいろやるそうで、

私もこのSHOPで行った方にちょっと教わったがなかなか興味深い、

外からのショーファー(運転手の見せ方)とか、指示を出されたときの うなずき方まである。

 

だいたい、燃費とか軽さとかよりも、万が一の時 当てられても離脱できる重量とPOWER

 

まあ、最近はロールスロイスも自分でハンドルを握る風にしているので、ふつうの足で使ってもあり

IMG_0170

こういうリムジンも作りを見ると芸が細かいし、英国貴族のカルチャーがあるのでロールスロイスにかなうものはない

 

中でも今回見に行った目玉は、007好きとしては、

昔の作品の原作の中で、ジェームスボンドが「ヒースロー空港先の幹線道路で事故っていたベントレーRタイプを買い

バトルシップグレーに塗装・・・」とあり、原作のボンドカーはアストンマーチンよりもベントレー(このころの)がメイン

ロールスロイスの時も古い時代はある。

IMG_0171

そのRタイプコンチネンタルがコレ、日本じゃなかなか見ないな~、まあ英国でも見られないくらいレア、お宝だけどね

 

まあこのRタイプコンチネンタルはすでに値段が上がり買えないので、1990年代のコンチネンタルRを渋い歳になったら欲しいと思っているが

最近この手の車両は値上がりしているので、買えなくなるかも

 

まあ、死ぬ前に「ああ~、あの車に乗っとけば良かった~」とか

「どこに行っておけば良かった~」と後悔したくないので、人に迷惑をかけないなら好きなことやったがいいじゃん。

 

こういう車は買っておけば値上がりも期待できるので、所有の満足+経費分は値上がりでカバーできるかも

すでに私は、乗りたいけど高くなりすぎて買えなくなってしまった車が数台ある。