大苦戦中

ホテル タクシー 空港

全てにおいて日本語はもちろん英語も全く通じず大苦戦中

それでも重慶の人は一生懸命

北京や上海とは違って人が良いとは聞いていたけどホント

image

ごはんはパクチーとハッカの味がします。

ATMも漢字のみで想像できない文字で現地通貨を下すのに英語が出るATMを探す始末

 

ホテル横の広場は22:00まで大カラオケ大会でnoisy

それでも飛行機撮れるからいいのさ

管制塔は宇宙基地か?という建物

image

空港行くまでが大変

ホテルロビーにて

「I need a Taxi」

ダメだ全く通じず

えーっと確か香港でタクシーは「的士」だったよな、と筆談するもダメ

仕方ない翻訳ソフトだ

「出租车」 タクシー

ぜーんぜん想定と漢字違うじゃん

ホテルの見習いの子が通りまで行ってくれ(タクシー呼ばない)通りすぎるタクシーに声をかけるが断られること10分

空港へ行ってくれるタクシーに乗り込んだが

image

なぜすでに人が乗ってるのかな?家族?

「アニョハセヨ」

ちげーよ、コリアンじゃなくて俺はジャパニーズ!って言っても通じず

すると二人は途中でお金払って降りたよ(相乗りタクシーなのか)

 

昨夜もホテルでコンビニに行きたくて

「セブンイレブン、コンビニエンスストア、スーパーマーケット」と言うがなに1つ通じず。

確かファミリーマートは「全家便利商店」と書いてあった事を思い出し書くがダメ

 

しかもホテル周辺を徘徊してビールを手に入れたと思ったら、ホテルに冷蔵庫なし!氷もなし!

こんな事してどれだけ成果があるのだろうか?

毎日大冒険の予感。

 

ちなみに空港は

「机场 」と書く

こんなんじゃ筆談できないじゃんね。想像すらできないよ。

チベットだぜ

今日の撮影ポイント

image

歩道?

おすすめできません

目の前セキュリティゲートじゃんよ

image

スパイ容疑で捕まらないようにしなきゃ

所属を聞かれたら

「MI-6」と渋く言えば

maybe大丈夫だろう

顔がアジア人だからちと厳しいか…

 

でも ほらね。

美味しいでしょ

image

チベットエアラインズだぜ!

レアだぜ。チベット行きたくなるな〜

関空発表

今日フライトしてきたスプリングジャパン

成田〜関西就航を発表!

image

スプリングジャパンって乗ると評判いいんだよ

恐れずに分かりやすく言うと

昔の大韓航空みたいに期待値が低いのかな?

でも日本のエアラインだし今日もクルー良かったし、食事もGOODでした。

 

千歳もはじめた

image

私が飛ぶのは重慶だが、最近 成田〜千歳もはじめたスプリングジャパン

なので成田〜千歳って LCCが勢ぞろいで利便性アップ

image

足元広い座席もある

image

そういえば、私 中国語ぜんぜんできないんだよね〜

最近パソコンばかりだから漢字も書けるか怪しいんだよね〜なにせ自称カリフォルニア生まれなので

英語通じねえ〜だろうしな

 

でも以前マカオのターミナルで場所を英語で尋ねたら

「トゥイメエン」?

ん?おおー  対面ね。

「英語より日本語の方がいいんじゃねーの?」

と同行編集長に言われたことがあり、場所によっては日本語行けるかも…希望的観測だけどね

重慶へ

ちょいお仕事で重慶へ行ってきます

久しぶりの中国本土だからちょっと緊張

image

先発隊として行った知人の航空ジャーナリストによれば

「良いところだよ。人もいいよ。中国広いからいっしょくたにしたらダメだよ」

とのこと

image

飛んでいるのはスプリングジャパン

初のスプリングジャパンでの国際線

現地おもしろいエアラインもいるようだし期待しております。

これからいろんな飛行機撮るなら中国も考えないとね

飛行機は偉大だ

搭乗機の隣のスポットにはエンジンにオリンピックロゴをつけたシップが

image

飛行機ってすごいよね〜

たった1日でブラジルまで行けるんだからね

飛行機なけりゃあ

「オリンピック選手団 船で2カ月前に出発」

とかなるじゃん

そしたら大変だよね、船上じゃ練習できないじゃん

 

このすごさが飛行機の魅力だよね

空撮みたい

最近毎日バタバタでどの写真をblogに載せたかもわからなくなっている

でも多分これらはまだ

空撮みたいでしょ

CF1608_05688

四国がうっすらと見える

CF1608_05779

これが抜けがいい大分です。

 

変質者みたい

お仕事でCAさんの撮影をよく行う

すると、打ち合わせで、どういう風に撮ったら映えるかじっくり見る

そんで撮影時にじっくりとお顔をファインダー越しに見る

さらに画像処理で見る

 

すると、自然と顔を覚えてしまうんで、その方とフライトで出会うと

「あ、どうも」みたいな、知人みたいな挨拶に自然となってしまうが、

先方は「誰あんた?」という感じで知らない

まあCAさんもプロなので、その辺は流してくれるが、雰囲気は伝わる

 

これ、かなり気まずいんですよね~

PG044

でも中には知っているCAさんもいて、逆に声をかけていただけることもあるので

そこらへんのさじ加減は難しい

こういう仕事ならではの悩みなのかもしれない。