失敗したら一億円

ヘリのライセンスをとったのは良いが、アメリカだとレシプロ機もジェットヘリも乗れる資格だが、日本のライセンスに切り替えたら、試験に使用した機体のライセンスになる 私の場合 陸上単発レシプロ という等級限定 そんで最近タービン(要するにジェット)ヘリに乗せてもらうことが多く エンジンスタートが 「チッチッチッチッチッ・・・ブゥォォォォォォ~、キュイィィィィン~」というスタート音で脳がとろけそうになり、乗せてもらった際にエンジンスタートにTRY ・バッテリーボルト確認 ・エンジン温度確認(低くないとダメ) ・スタータースイッチ始動 ・N1タービン15%  ・着火!(燃料投入) ・MGT(排気温度確認)ここで上昇しすぎたら、燃料レバーを至急カットして供給を止める これ、ミスしたら冗談抜きで修理代1億円! 壊しても、誰も私に修理代の一億円貸してくれないだろう こんなの販売していいのか?と思ったら、 ジェット機も少し古いヤツ(FADECなし)は同じでパイロットがエンジンスタートをミスったら大損害だそうな そんな事を考えたら、エンジンスタートが怖くなり、やっている最中は 「脳みそがとろけた音」なんて聴くは余裕は全くなしになった あ~あ、フライトジャケットにエアウルフ(1980年代のアメリカのヘリドラマ)のパッチつけて エアウルフのテーマ曲を流しながら岡南飛行場での訓練に励んでいた二年前 想定よりもジェットヘリのエンジンスタートはミスが本気で怖く(高価なエアバスヘリはミスしないシステムがある) 隣で聴いている分には最高だが、自分でエンジンスタートやると脳みそとろける事はなさそうです。 乗せてもらう方が楽しいかもしれない(笑) この世で最も甘美なサウンドと思っただんだけどな~ 二番目のいい音はフェラーリの高回転サウンドかな・・・ それよりジェットヘリのエンジンスタートはしびれるぜ!

鉄道ファンフォトコンテスト2024審査員

この度 鉄道ファン/キヤノンフォトコンテスト審査員をやらせていただく事に 鉄道は詳しくないが、下町の学習院と呼ばれる名門校出身なので、国鉄時代までは多少の知識がある この写真もモノレールが写っているでしょ という事で鉄道ファンフォトコンテストご応募よろしくお願いします。

ヤマト3号機到着

AM7時着なのでヨロシク という案件で AM6時に起きてフライトレーダーをチェックすると、もう大阪沖の太平洋上にいる 想定よりも早着しそうだ フライトレーダーにはヤマト機ではなく、その機体番号の古い写真ATRが出ているが、これだろう そんで管制はB滑走路に行けというが、パイロットはA滑走路に行きたいんだけどという よくある押し問答の末に(こちらは撮影ポイントが数キロ変わるため、移動できるかできないかの問題がありハラハラする) 機体番号F-WTBZ これからJA83YAになるヤマト3号機が到着 とりあえずこれでヤマトは3機がそろった。 朝6時代に離陸した機体もあり、このヤマトの飛行機 2024年トラック問題の解消になればいいよね

今日の一枚 A-26Aデータ化

完全に専門外だが、後輩のパイロット(現在日本のエアライン教官機長)で軍用機に詳しいヤツが 「これは貴重ですよ」というので、当時も今も価値がよく分からないが、とりあえず撮った一枚 1995年9月撮影 場所はカリフォルニア州ロングビーチ空港 この機体の左下に見えるのが当時の会社の入口で、チャーター機手配調整の私のデスクもここのオフィス   機体はダグラスA-26 インベーダー 製造は1944年 対地爆撃機で第二次世界大戦中はこの型が日本にも爆撃したらしい(当機かは不明) この時はNナンバーなので、民間人が所有 現在もテキサスに登録されていてフライアブル(飛べる)機体 朝会社に行ったら、目の前になんだかよく分からない機体が駐機してある。 まあ軍用機は専門外だが、そんな夢のような環境で働いていた。貧乏だったけど、それなりに楽しかった青春でした。  

今年のさくらは

今年のさくら撮影 撮影ポイントにて撮影車と 個人的感想だが、青空でベストコンディションで撮れたのは1日だけ あとは短時間は青空だったが、今年は過去10年で最も苦戦したさくら撮影であった 2週間ほど撮影の余裕をもたせていたが、さくらの開花が遅れに遅れて、4月10日ころが満開 昨年は3月22とか24日とか、 今年は暖冬でさくらの開花も早いでしょう とか2月ころにメディアも言っていたが、近年では最も遅い開花に こちらも教室もあれば撮影もあるので、スケジュールに余裕をもたせていてもドンピシャに当たるわけではないので 難しいところ 昨年はお腹いっぱい撮れたけど、そのあたりが難しいんだよね~ 撮れるときに撮る いつでも撮れると思うなよ! 本当にこれを痛感したさくら撮影でした。 でもソメイヨシノもいいけど、このふんわりした しだれ桜が個人的には好みかな 上品な感じもあるしさ

29億円したのに故障で

昨日のYahooニュースに出ていたが 新潟の防災ヘリ 29億円で導入したのに、半年出動できていないそうで https://news.yahoo.co.jp/articles/45fabecef63182802cd03fdbcdc830128f4b6aba 以前撮影したことがありコレ こんなの信用問題だぜ、 民間機だったらどうすんのよ、しかもコレ税金だぜ 天草エアラインのようにたった1機で頑張っているところもあるし ヘリオーナーになって数年、以前の機体も順調に飛んでくれたし 今の機体も順調に飛んでくれている。何が言いたいかと言うと、ちゃんとフツーは飛びます。     このレオナルド社製ヘリは高価で性能も良いか、以前機体を扱う商社でよく聞かれたのが 県は入札なので、まずは安価な価格で機体を導入時に落札させて、あとでパーツ代で儲けるという手法 どうせパーツは買うんだしさ 「蛇口はつけてあげるから、水道代くれよ」という作戦、必要だし払わないわけにはいかない   この業界、セスナでさえエンジンが届かないとか、いろいろあるのでアフターサービスも重要 今、お世話になっている飛行機の方も「エンジン来たら連絡します」と言われている。   レオナルドヘリは、日本の商社が販売元だが、イタリア製なので信頼度やパーツ供給とかも考えてオーダーしないと あとで大変なことになる だって民間機で半年飛べないとか、訴訟問題になるでしょ まあ防災ヘリなので、一応記事によると他府県がカバーしてくれるそうだが、人名にかかわる案件だしさ

完成も近い福岡空港の管制塔

熊本でのフライト訓練が終わり成田に戻るが、福岡空港経由 なぜなら翌朝仕事なので熊本発のジェットスターは夜が遅いので、万が一欠航になった場合にオルタネートがない、しかし福岡空港まで夕方行っておけば代案がある そんで福岡空港からJETSTARを待つ間、少々撮影 久しぶりに来てみると、建設中の管制塔がだいぶ大きくなったな~ さらには国際線も続々戻っている 香港エクスプレス新塗装AIRBUS A321 経歴を見ると元ドラゴンエアで、ドラゴンはキャセイパシフィック航空に吸収(もともとグループ)さらに香港エクスプレスもキャセイパシフィックが買収(以前は海南航空グループ、その前の設立のカラーリングから撮っている) コクピットを見ると ん?A321NEOか? エンジンは 細い、ってことはA321CEO(クラシック・エンジンオプション)だからノーマルのA321じゃん、顔だけ見るとコクピットにA321NEOのような縁取りがあるので、だまされるところだったぜ。 まあANAのA321NEOは逆に縁取りがない、 やはりエンジン見ないと分からないね~ こんな変化も楽しめるのがこの趣味であります。

熊本空港大忙し

熊本空港でのフライト訓練 二日前は雨で飛べず、前日は強風 そして飛べる日の朝は、みんな一気に飛ぶから大忙し 午前中は定期便も多いけど、崇城大学の訓練生、航空大学の訓練機の飛来、自衛隊のタッチ&ゴー そのため、空港のトラフィックパターンを出されてHOLD You are sequence No6(あなたは6番目です)ってめちゃくちゃ混んでいるじゃん 「ヒリュウ」という自衛隊機のコールサインが入り、私の前でタッチ&ゴー 機体はチヌーク さらには、無線で「SOLO」(単独飛行の訓練機)が入ってくると、単独飛行訓練機を優先(そりゃそうだ) こちらも注意深く機体を探す さらにはHOLDエリアで、ドクターヘリが市内の病院からテイクオフしてこちらに向かってくるので 探すので大忙しだぜ! 管制も当機はKIYAMAでHOLD中なのに、「TATENOでHOLDでしたっけ?」と異なるロケーションを言ってくる(単なる言い間違い) (たまにはあるし、大きな問題ではない) それくらい忙しい それをさばいている管制はすげえぜ!   そんで、翌日は成田で外せない仕事があるので、福岡空港から成田へ戻り 30年ぶりの熊本駅はめちゃくちゃ近代化されていました 熊本駅から新幹線「さくら」に乗るけど 「さくら」と言えば私の中では東京駅16時発ブルートレインのトップ 長崎・佐世保行 「寝台特急さくら」しか知らない これですよコレ(ウチのHOゲージ) まあ九州だからイメージとしてはこれED76/EF81-300(下)か 昭和の記憶は遠くになり、新幹線が「さくら」だの「はやぶさ」だの 私の記憶の「さくら」「はやぶさ」とは異なるものになっています・・・

犬21頭の不妊手術で、多頭飼育崩壊を食い止めたい

私が輸送や預かりで微力ながら参加している犬のボランティア団体 シェルティレスキュー 今回岡山でシェルティの多頭飼育崩壊になりそうな案件があり、それをなんとかするべくチームが動いており、 クラウドファンディングを行っています。 なぜこうなったかの理由はご興味がある方はぜひご覧ください。 https://for-good.net/project/1000614/activity/detail/827#main-report ちなみにシェルティレスキューにかかわってから10年弱 当ブログでも預かったシェルティの話も書いているし、輸送ミッションをやったりしているが ちゃんとした団体で明朗会計、メンバーもちゃんとしているので参加している。 そんな中で発生した新規案件が今回の多頭飼育崩壊なのであります。 https://for-good.net/project/1000614/support

リーズナブル国内一位は成田市

リーズナブルに楽しめる観光地第一位! 週末、成田空港関係者とちょっと盛り上がりました。 「やるじゃん成田!」 このセリフは来月公開の映画 成田空港が舞台の「空の港のありがとう」の決めセリフ 来月 渋谷の映画館での公開もあり、イベント計画中なのでまたお知らせします。