プロヘリパイロットの経験値

公式な会社様からの空撮ミッション

大きな会議を航空局と行い、調整していただいて撮影当日

前日と撮影日の朝は必ずTAF METARと呼ばれるパイロット用天気を見るが、

朝は良いものの3000ftに雲がちらほら、風は西から

うちから東京ヘリポートへ行くと(西へ向かう)雲が増える、撮影地は東側

 

ってことはこの雲が来るわけか・・・まずいな

 

延期か・・・と思い東京ヘリポートでブリーフィングをすると40年飛んでいるというベテランヘリPILOTが

 

「上空は乾季が入っているので雲は抜けますよ」

私:なるほど、でもTAF(航空気象予報)では雲が3000ftに出る予報なんですがどうですかね?

「いや、待ちましょう、航空局との打ち合わせでは8:30TCA(ターミナルコントロール管制)コンタクトですが、調整してみます」

 

と言っていたら、本当に雲が抜けて晴れ間に!

 

さすがベテランパイロット。航空気象と言えば私はTAF METARを見るしかないが、TAF も変わることもあり

ベテランパイロットのいう通りだった。

ヘリPILOTだから低空専門でエアラインパイロットとは違う航空気象のノウハウがあるのだろう。

しかし、航空気象も奥が深いな~

 

写真はヘリ会社にあった軽井沢エクスプレスのポスター

IMG_1362

バブルの頃で、新木場から軽井沢へヘリで という時代もあったんだね~

 

ちなみに私が今 ドローンPILOT(無人機)テキストで学んでいる霧の種類だけでも

・Advaction Fog

・Radiaton Fog

・Upslope Fog

・Drizzle とかいろいろあって

霧は霧じゃねえのかよ?と言いたくなるが違うようで

 

問題が

An Air mass moving inland from the coast in winter is likely to result in?

答えが三択で

・Rain

・Fog

・Frost

ああああ~航空気象は難しいです。私の英語力ではまずいです。

ドローンとは

先月アメリカでフライトレビュー(定期訓練)を行い、教官に

「お前のKnowledge(知識)ならドローンパイロット資格すぐ取れるって、俺(教官)なんか勉強しないで受けたで」

というので信じてテキストブックを買った

 

すると途中から、ドローンなのに問題集のQ&Aが

「着陸後滑走路を出てグランドコントロールに周波数を切り替えるタイミングはいつか?」

とか

「Upslope(登坂)での離陸の場合の滑走距離は・・・・」

とか

「ウェイト&バランスは」とか

ん?なんだか話がおかしくねえか?ドローンでしょ?

小さいプロペラ4つついてる下のテキストブックの写真のような機体でしょ?

 

って調べてみると

7558CA95-8416-4B9F-841C-C97C35058E92

表紙がこれだけど、これはクワッドコプター(ドローンの一種)まあテキストにはそもそもドローンとは書いていない

REMOTE PILOTのテキストブックとある

さらに同じ試験の別のテキストブックは

images

ドローンとはコレのことなわけよ、無人機の運航資格

そういえば最近エアショーに行くと

IMG_1349

こんな無人機とか、

こんな操縦とか

IMG_1350

この免許じたいは小型でいろいろ制限あるけど、要するにさらに訓練すれば無人偵察機とか操縦できるくらいのテキスト内容

しかも運航や法律、無線、航空図などの問題はPilotライセンス所持者なので問題解いていて楽しいが

メンタルに関する問題の内容が濃く、英語でメンタル関連の単語は知らないので、難しくて仕方がない

 

もう少し頑張らないと試験受けられません・・・英語力の問題もあり挫折しそうだぜ・・・

埋まりそうだぜ

雪が多いと入れないA10ポイント

IMG_1356

3月は雪は少なから入れると言っても、けっこうデンジャラス。

4WDのレンタカーだけどヒャヒヤしたぜ!

万が一ここで止まったら、JAFは来てくれるんだろうか?

 

やはり安全策としては、脚立担いで行くしかないんだろうな・・・

でも熊が出たら車なしだと危ないし、近年の熊は冬眠しないって言うし、この辺も目撃情報あるって言うし・・・

(す、すいません道内の人からすりゃノープロブレムなんだろうけど、こちら今は千葉の田舎者でも熊いないんで)

 

最初行けそうと思っても、後半デンジャラスエリア&アップダウン、強烈な轍が出現

途中で対向車と出くわしたりしたらどうすんだ?

 

下の写真は生コンだが

CF1902_08723

樽前山クリアに出たし、

CF1902_08859

エアアジアの3号機、両サイド airasia.com来た~!

1、2号機は上の写真側(スターボード)がNow everyone Can flyでしょ

だから3号機とは違うのさ

ニコニコレンタカー千歳美々

雪のCTSを狙いに二度ほど行ったが、いつもお世話になっているニコニコレンタカー千歳美々店の店長いわく

「今年は雪が少なく、もう雪ってなんでしたっけ?ってくらい雪ないですよ」

1月に行った際は雪が多すぎて、今度は少なすぎ

CF1902_08636

CF1902_08670

ニコニコレンタカー千歳美々店のオーナーは生コンポイントへ行く道路の除雪作業をしてくれていたり、

その恩は返さないとと思っている

IMG_1358

空いてれば脚立も貸してくれるので、飛行機ファンの間でも有名なお店

でもさ、同じニコニコレンタカーでも千歳美々と他はオーナーが違うそうなのでご注意を

IMG_1352

生コンポイントに最も近いレンタカー屋さんだし、どうせ生コンポイント行くんだからここがいいじゃん

アルコールチェッカー持参

日系大手エアラインの方とお打ち合わせ(飲み)

すると

「アルコールチェッカー会社で支給なんですよ」

え、だってバリバリ事務職じゃないですか?

「いや全社員なんですよ」

 

ええええ~、近年の乗員飲酒問題解決は全社一丸で という姿勢なんだろうけど

ふつうの会社なら二日酔いで会社行ったことがある人も多いはず。

もちろん乗務員はまずいけど、事務職はいいんじゃないの?

 

まあ時代というのもあるけど、以前は国際線キャビンクルーはお客様に出すお酒の味が分からないとまずいので

軽く試飲程度はしていた。

 

さらには、私がいたアメリカの会社なんて20年以上前だが、あるできる整備士は夕刻にクアーズやバドワイザーを36缶パックを持って現れ

アシスタントと共に夜中、飲みながら整備し朝には整備が完璧!

 

その整備士は飲んだ方が効率良い整備士で

まあこれは極端な例だが、少し前の時代はそんな感じもあった。

 

日本のエアラインは世界でも最もアルコールに厳しいようで、気合い入ってます

970126OPF

アメリカなんかは田舎の空港だとランプに犬がいたり、自分の犬をハンガーにつれてきて遊ばせていたり、わりと自由

私も20代前半 航空会社勤務時代はボスのワンコのウ〇コ取りミッションも多かった。(笑)

砂漠の空港通信5

いろいろいるな~

CF1902_03099

1機1機撮るしかないだろ

CF1902_03093

昨年10月に運航停止したパキスタンのシャヒーンエア軍団@アリゾナ

 

アルゼンチンのアンデスエア(なかなか撮れないぜ)

CF1902_03088

ウイングレットにアルゼンチン国旗が

 

2018年11月に運航停止したXtra Airwaysの737

CF1902_03034

美味しい~!!!

 

この時期はガラガラ蛇も大丈夫でしょ

CF1902_03059

毒クモも多分大丈夫でしょ?根拠なし・・・

イメージ映像

CP+で流したイメージ映像が評判が良く

当日行けなかったので見たいというお声をいただいたのでアップしてみた

 

もちろん音も出ます。

https://youtu.be/C__XctnszoA

 

制作は私と組んで航空映像カメラマンをやっている

Kido Okamura氏  イメージを伝えている人物撮影はEOS R で作成していただいた。

737のテイルスタンド

サウスウエスト航空の737-800

よく見るとテイルスタンドが

CF1902_06970

これって貨物機でよく見るヤツじゃん・・・

おそらく自由席だから、乗客が奥に詰めるとしりもちをつくからだろうか?

737にテイルスタンドなんて初めてみたぜ

 

737-800はウェイト&バランス わりと厳しいと聞いたけど、こういうアイデアもあるのか

そうすれば自由席=良い席を取ろうと乗客は早く並ぶ=ナイスアイデア

さすがサウスウエスト航空

砂漠の空港通信 4

砂漠でよく見るB757

CF1902_03054

N241AL B757-225F

1984年にイースタン航空へデリバリーされたSHIP

N507EA-1

この尾翼に最新鋭機だから757と書いたセンス、近年の787と通ずるものがある。

 

 

CF1902_03055

N314ST (1985年製造)

 

TACVカーボベルデの757、アフリカの北西沖の治安が微妙な国

CF1902_03047

こんなエアラインと会えるのも砂漠の空港の魅力